不動産売却でやることリスト

pixta_22895000_l

不動産を売るというのは、そう何度も経験することでないので、どうしたらいいのか戸惑うことも多いかと思います。不動産を売ることを検討し始めたら、まず全体の流れを把握しておくとスムーズに売却まで進めることが出来るでしょう。やるべきリストを作って一つずつ進むと良いかもしれません。

最初に売却する理由を確認

売却理由にはいろいろあるかと思いますが、その先のプラン次第で、売却価格や時期などの条件も変わってきます。例えば「子供の成長に伴って家を住み替えたい」「定年を機にUターンしたい」「子供が独立したので、もっと便のいいところに引っ越したい」などです。このように何のために売却をしたいのか、それによって住み替え時期はいつくらいになるか、手元資金はどの程度あるか、また今の住まいに戻る可能性があるかなどを確認していく必要がでてきます。理由がはっきりとすれば、どのくらいの価格で売却するか、売却時期をいつにするか、新居を購入するのかそれとも賃貸に住むか、今の住まいを売らずに賃貸するかなどの売却プランがはっきりとしてきます。

次に売却の流れを知る

①不動産の相場を知る
売却する理由がはっきりしたら、不動産をいくらくらいで売却できそうか目安を立てます。そのさいに大切なのが物件の周辺相場を知ることです。不動産情報サイトなどを使って簡単に大体の相場を知ることが出来ます。建物の築年数や、間取り、駅から徒歩何分などの不動産の相場と、その周辺の売却物件の相場を確認してみてください。

②不動産会社を探す
不動産会社は、とにかく信頼できるところを選ぶべきです。中には悪徳業者もあるので、どこに依頼するかをしっかり調査したうえで決めます。一つや二つの不動産会社だけでなく、幅広い会社の情報を集めましょう。少し面倒かもしれませんが後悔しないうえで大切なポイントです。

③物件価格の査定と依頼
実際にどのくらいの価格で売却できるのかを査定してもらいます。少しでも高く売りたいですから、不動産会社の情報を踏まえたうえで、いくつかの会社に査定してもらうのが良いでしょう。その中で希望に沿う価格を提示してくれたところを選ぶことが出来ます。

④不動産会社に仲介を依頼し、不動産を売り出す
不動産会社に正式に仲介を依頼し契約を結びます。売り出し価格の希望を伝えつつ、不動産会社の査定価格や市場の動向などを決めて慎重に決めます。

⑤購入希望者と交渉し、物件情報を開示する
買いたいという人が現れたら売却の条件を交渉し、価格もそうですが、譲れる点と譲れない点も明確に伝えて交渉を進めます。売買契約を結ぶ前には、売却後にトラブルが起きないように、物件に関する細かな情報を伝えておきます。

⑥売買契約と物件引き渡し
購入希望者と合意に達したら、売買契約を結びます。引き渡し手続きの際は売買代金の受領と同時に登記申請も行います。さらには税金申告なども忘れずに行うことが重要です。

売却活動は、売却を検討し始めてから売却が完了するまで続きますから、しっかりとその流れを知って後から後悔することのないようにしましょう。