不動産売却業者の選び方

pixta_24275495_l

不動産売却は不動産仲介会社との二人三脚です。良いパートナーになる不動産会社を選べるかどうかで売却が成功するかどうかが決まります。賢い選び方のポイントとは?

売却業務に強い不動産会社を選ぶ

不動産会社といっても実はいろんな会社があります。不動産の売買を専門分野としている会社、賃貸を専門としている会社、投資物件を専門に扱っている会社などです。総合的にサービスを提供しているという業者もありますが、ここは他と異なるという得意分野はどの業者にもあるものです。ですから不動産を売りたいと思っているなら、不動産売却に力を入れている会社を選ぶべきです。でも多くのところは不動産全般を扱っているので、どうしたら売却に力を入れているかどうかを見定めたらいいのでしょう?まず分かりやすいのは、街の不動産屋さんなどで店頭の目立つところに賃貸物件が貼ってあれば、だいだいそこは賃貸専門の会社です。そこは外した方が良さそうです。不動産会社を探すうえで便利なのはインターネットです。気になる会社があればそこのサイトをチェックします。物件売るための努力がそのサイトから伝わってくるかどうか、不動産売買に関するコンテンツやコラムなどを載せているかどうかも、売却に力を入れているかを判断する基準になります。

顧客の立場で営業活動を行うところを探す

いくつか気になる会社がみつかりピックアップしたら、その会社が「客の立場になって営業活動を行っているかどうか」を見極めます。不動産会社は物件を売るためのパートナーですから、売り手の希望を無視した営業では満足のいく売却は成果は期待できません。不動産会社も物件は一つではないですから、自分の物件を最優先というわけにはいかないかもしれませんが、物件の資産価値やこれからのプランなども考慮にれて不動産取引をしてくれることを期待します。客の立場になって営業をしてくれるかはウェブサイト載せられた、会社の理念やお客様の声などから判断できるかもしれません。すっかりサイトの情報を鵜呑みにしてしまうのは危険です。インターネット以外のいろんなところからも情報を集められるといいですね。

査定の訪問時に担当者をチェックする

実際に会ってみなければ、担当者の感じなどは分かりません。チェックポイントは3つ。「名刺」「分かりやすい説明」「話をしっかり聞く姿勢」です。名刺には「宅地建物取引主任者」をいう肩書があると良いようです。そのような人を遣わす会社はしっかりしています。不動産のプロですから、詳しいことをなんでもしっていますが、素人が相手ですから、分かりやすいように説明しているかどうかでも誠実さを知ることができます。物件の持ち主にとって都合の悪いことでも、親切にでもきちんと説明してくれる人が良いといえます。また説明を一方的にするだけでなく、不動産所有者の希望条件や事情にもよく耳を貸して理解してくれる人がどうかも、信頼して任せるうえで大切です。

不動産売却業者を選ぶ時には、売却に力をいれている会社を見極めること、こちらの立場に立って営業活動を行ってくれるところかどうかを知ること、担当者が信頼できるかあって確認することがポイントになります。