リノベーションのコストとリスク

pixta_26501360_l

リノベーションにはリスクもある

不動産を売却するにあたって、リノベーションをすれば高く売れのではと考える方もいます。リノベーションとはリフォームよりも本格的な改造で、性能や状態を向上させて価値を高める建物の大規模な工事です。売却前にリノベーションをすることはメリットがあるのでしょうか?不動産関係者の中でも意見は分かれますが、リノベーションをしたとしても費用の上乗せ分を回収できるとは限らず、かかった費用以上に高く売れる事例も少ないようです。なかなか売れないからといってリノベーションをしても結果損してしまうことも多いと言う不動産関係者もいます。その理由は?

物件の価値は内装ではなく築年数で決まる

物件の価値を決めるのは、内装の美しさや間取りではなく「築年数」です。中古物件で同じような建物の間取りなら築年数が新しい方が高い値が付きます。内装はリフォームやリノベーションでいくらでも変わりますが、建物の構造はかえることはできません。築年数が新しいほど長く住める安心の物件で、買取の希望者も多くなります。ですから売却前にリノベーションをしても、そのコストに見合う売却額アップは期待できないでしょう。中古物件の購入を考えている人はそもそも、内装の綺麗さや新しさはそこまで期待していないということもあります。中古であることを認識しているので、内装や建物の作りが古くても安ければOKという人もいますし、予算に余裕がある人は購入後に自分の好みにリノベーションする前提で中古物件を検討している人もいます。せっかくリノベーションしても誰が購入してくれるかは分かりませんから、購入者の希望に合うかどうかも分かりませんし、売却額のアップにつながる保証もありません。

売却時の好感度アップはクリーニングだけでOK

売却前の大がかりなリノベーションはコストがかかる割にリスクの方が多いためあまりお勧めできませんが、購入希望者が見学に来た時には、やはり好感度を持ってもらうために家の中を清潔にしておきたいですね。方法としては、「クリーニング」と「簡易リフォーム」の二つがあります。例えばキッチン周りやバスルームの水回りはあとでリフォームするにしても利便性などを見たいですから、よく見るはずです。ですからなるべく念入りに綺麗にしておくと印象も良くなるかもしれません。簡易リフォームとは壁紙の張替えや床の張替えなどですが、これらは不動産会社が提案してくれる場合もあるので、相談してみるのも良いかもしれません。

このように売却目的でのリノベーションはコストがかかるだけで売却額アップにはあまり響かないことも多いので注意した方が良さそうです。売る側としては内装のクリーニングや清掃のみで十分ですが、もし気になることがあれば不動産会社と相談して決めると良いかもしれません。