リフォームと不動産売却のメリット

pixta_9030550_l

不動産売価約前にリフォームをするかしないかで迷う方は多くいます。不動産関係者の間でもすすめる派とすすめない派に分かれますが、リフォームした方が人気が高くなるという声もきかれます。その理由は?

ローン面で有利なのはリフォーム済み物件

もうリフォームが済んでいる物件というのは、購入後にリフォームする場合に比べて、住宅ローンの手続きがお得です。購入後にローンでリフォーム工事を行うと、住宅ローンとは別に金利の高いリフォームローンを組まなくてはならず、新築やリフォーム済み物件を住宅ローンで購入した時に比べて、月々の返済が高くなり負担となってしまいます。そうした事情からリフォームは現金で行う場合が多く、その費用の手持ちがないという購入者は、物件を購入する判断が慎重になり、物件購入の予算が低くなるという傾向にあります。そのためリフォームしていない物件は候補から外れてしまう場合が多いのです。購入者の希望、例えば購入の予算はたくさんとってあり、購入後に内装は自分の好みに替えたいという人をターゲットにするのか、あまり購入にお金をかけられないという人をターゲットにするかで変わってきます。

すぐに住み始められるメリット

内装の不利フォームがすでに済んでいると、解約後にすぐに住み始めることが出来るというメリットがあります。その後のリフォーム計画も必要ないですし、見たままの場所にそのまま住むことが出来て時間も費用も削減できます。即入居を希望している人はリフォーム済みの物件を中心に探す傾向にあるようです。ニーズで比べてみると、購入後にリフォームをしたいという人よりも、リフォーム済みの物件を購入したいという人が多いのも、やはりその後の手間やかかる費用、そして時間の短縮を考えてのことかもしれません。

決断の難しさ

いくら中古物件とはいえ、家を買うのは大きな買い物ですし、一生に一度あるかないかの重大な買い物です。これからの生活の夢を描いて購入することが多いので、リフォーム前の物件ではどうしても、自分のイメージと実際の物件の状態との差を埋めることが難しいのも現実です。家は高額な買い物ですから、新築を購入するよりも中古の方が断然お買い得なことは分かっていても、あまりに他の人の生活感がにじみ出過ぎていると決断するのが難しくなります。さらにリフォーム前物件は、購入後にどこまで自分たちでリフォームするかということを夫婦で話し合う必要もあり、そこで意見が合わずに購入に踏み切れないということもあります。

ココがいい!購入しよう!と決定するのに時間がかからないのはやはりリフォーム済みの物件かもしれません。不動産会社と相談しながらリフォームをするかしないか決めましょう。