不動産売却前に必要な対策

pixta_23092503_l

売却の難しさは、自分の意志だけで決められる購入とは違って、「買い手の意志」を考慮にいれなくてはいけないことです。買い手が購入したいタイミングやその時の不動産状況によっても売れる価格が変わってきます。では希望通りに不動産の売却を成功させるためにはどんな対策をとっておくとよいでしょう?

売却活動は半年前から始める

不動産の売却で一番大事なことは、早めに相談をすることと言われています。思った以上に売却までに時間がかかったという方は多いです。だいたい初めて相談をしてから成約までに平均半年、長くて一年以上かかる場合もあります。まず第一段階としては、物件の査定価格を知ることから始めます。この期間が大体1か月程度です。物件の相場が分かったところで、仲介を依頼する不動産会社を選びます。不動産会社選びも信頼できる誠実なところを選ぶのが成功のカギですから、そう短期間では見つからない可能性があります。不動産会社が決まったら改めて査定となり売却価格が合意に至ったら売り出し開始となります。そこから買い手が見つかるまでは大体2か月から3か月。もしかしたらもう少しかかる可能性もあります。購入者がみつかったら契約となり、契約後引き渡しまでに1か月から2か月がかかります。

売却に必要な書類は事前に集めておく

不動産会社が査定に来る前に、必要な書類をそろえておくと作業がスムーズに進みます。これは事前に自分の物件を知っておく良い機会ともなります。査定をする際に最低限必要な書類は、分譲時または購入時の物件のパンフレット、購入時の契約書と、重要事項説明書、物件の権利書、固定資産税の納付書です。これらは売却活動を有利にスムーズに進めるうえで大切な書類ですから、なるべくすべて揃っているとよいです。ですがないからといって査定額が低くなるというわけではありません。マンションの場合は物件の管理会社がパンフレットや見取り図などを所有している場合もありますから、手元に見当たらなかったという時には、一度問い合わせてみると良いかもしれません。

査定価格だけで不動産会社を選ばない

少しで高く物件を売りたいという思うのは自然の願いですが、査定価格だけを判断基準にして仲介業者を選ぶと売却活動がうまくいかないというケースもあります。提示された金額では売れず、熱心に売却取引を行ってくれることもなく、結局買い手が見つからなかったなど、仲介業者との信頼関係や意志の疎通がうまくいかずにマイナスの結果になってしまいます。こちらの希望にしっかりと耳を貸してくれると同時に、売れるための最善の策を一緒に考え、時には都合の悪いこともはっきり丁寧に伝えてくれる会社を選ぶことが重要です。いくら査定価格を高くつけても、売れなくては意味がありません。ですから不動産会社選びも慎重に行ってください。

不動産売却の対策として、早めの相談、必要書類の準備、信頼できる不動産会社選びは重要です。