家の価格相場と価格交渉のコツ

pixta_24266537_l

不動産取り引きに価格交渉はつきもの

不動産の取引には価格交渉がつきものです。ほとんどの場合は買い手側が少しでも安く購入したいという思いから、価格交渉の取引に臨んできます。満額でもこの物件が欲しいという人気の物件でない限り、一度は必ず価格交渉があると思っておくべきです。価格交渉はしたくないという売り手さんもいるようですが、冒頭でも述べたように「価格交渉はかならずある」と思っておくと対応もしやすくなります。

一般的な端数切り交渉

よくある価格交渉の方法としてはいわゆる「端数切り」です。たとえば4980万円なら80万円切り捨ての4900万円。あるいは180万円切り捨ての4800万円などです。どうしてかというと、売り手にそのつもりがなくても、買い手は「端数ならきっと交渉次第で安くしてもらえるのでは」という考えがあるからです。家の購入だけでなく、電気製品や家具の価格交渉をした時の経験から、端数は切ってもらえるという都合の良い解釈があるのです。ですから売り手側もこのような交渉は当然あるだろうという心がまえはしておきましょう。

価格設定によって買い手に与える印象が違う

このような交渉術があるなら初めから5000万円に設定しておけばいいのでは?と思うかもしれません。確かにそうですが5000万円ではなく4980万円にすることにはある効果があります。何か買い物をした時に経験があるかと思いますが、99円と表示されたものと100円と表示されたものでは1円しか違わないはずなのに、なぜか99円なら安い!と感じます。同様に不動産の価格に関しても4980万円か5000万円では与える印象がまったく異なります。4000万円代か5000万円代かで考えてしまうのでわずか20万円の差なのに4980万円なら「払えるかも!」と思うのに対して、5000万円だと「高い、無理」と思ってしまうのです。

交渉は慎重さが求められる

ビックリするような価格を提案されたときに、そんな人には売りたくない!とすぐに断ってしまいたくなりますが、販売を始めてからの期間や売却理由なども踏まえて慎重に考えることも大切です。例えば販売を開始したばかりなら、まだ後から良い条件で買い手が見つかる可能性もあります。無理に売却金額を下げて契約することもないでしょう。ですが半年や1年かけてやっときた話なら、需要があまりないということですから、これから金額を下げて売却をしなくてはいけないかもしれません。さらに売却の目的が購入を考えてのことならそんなにじっくり待っていては計画もたちません。

不動産の売買に交渉はつきものであるという心構えを持っておきましょう。売り手、買い手双方の考えや、販売期間、物件を取り巻く環境は変化するのでその時々で冷静に交渉をすすめることが大切です。