ハウスクリーニングの平均費用

pixta_4826109_l

売却前のハウスクリーニングは必要?

家を売却する前にハウスクリーニングをすべきかどうか迷うところですね。ハウスクリーニングをすると内覧での印象がアップするので、早く売りたいという方はもしかしたらするとよいかもしれません。ですがクリーニングしたからといってすぐに売れるというわけでもないですし、建物の価格がアップするわけでもありません。あくまで買い手の印象をアップさせるものであるということを覚えておくと良いかもしれません。購入後にリフォームをする前提で中古物件を探している人もいるので、売却前にクリーニングなどに費用をかけてくてもよいという人もいます。もしクリーニングをするとしたらどこを、いくらくいかけてしたらいいのでしょう?

ハウスクリーニングを頼む部分

ハウスクリに―ニングをするなら、水回りは選ぶべきでしょう。水回りの印象は家全体の印象にもつながります。とくに主婦は使い勝手が良いかなどを確認したいところですから、よく観察する部分です。ここが汚いと住みたいなという印象も減ってしまうかもしれません。またこういった場所は自分では落としにくいという点もあります。頑固な水垢や、浴室のカビ、トイレの黄ばみ、キッチンの油汚れなどを自分で綺麗にしようと思うと大変な時間と手間がかかります。プロが使用する洗剤や機材を使えば、徹底的にまた効率よくきれいにしてもらえます。売却前には家中全てを掃除しなくてはいけないので、水周りだけに時間を使うこともできません。そうした理由から頼むならやはり水回りがいいといえます。

ハウスクリーイングの相場

気になるのはやはり料金です。ハウスクリーニングの費用は地域によっても変わってきます。東京都の相場はこのようになっています。浴室は10,000円~20,000円、洗面台は6,000円~10,000円。トイレは6,000円~13,000円、キッチンは10,000円~25,000円。全部合わせると、32,000円~68,000円です。普段の掃除の代金としては少し高いように感じるかもしれないですね。しかし、家の売却をスムーズにするための投資だと思えば、あり得ないほど高い金額でもないかもしれません。掃除をしても売却額がアップするわけではありませんが、少なくとも印象が悪くなって、売却に時間がかかったり、売れ残ったりという状況を回避できるかもしれません。中には「汚い」という理由で価格を下げる交渉をしてくる買い手の方もいるかもしれません。きちんとキレイにしていればそのようなことも避けられます。

購入者の印象を少しでもアップさせて早く売りたいのなら、ハウスクリーニングをしてみるのも良いかもしれません。