イエイ

pixta_25166791_l

イエイとは?

イエイは2008年にサービスを開始し、2016年現在2月までに累計300万人の利用者数を突破。提携会社数は1000社以上ともいわれ、その中から最大6者が選択され、複数社による査定額の比較ができるようになっています。主な提携会社は三井のリハウス、住友不動産販売、三菱地所ハウスネット、野村の仲介+、東急リバブル、センチュリー21、近鉄不動産、ピタットハウス、京王不動産など、その他多数です。

イエイの運営会社について

イエイは個人で運営されていましたが、その発端は株式会社Qの代表者が実家の売却に不便を感じたところから始まりました。不動産業界にはその当時WEBサービスが浸透しておらず、情報集めが大変であったという経験からです。2008年4月より株式会社Qは運営を開始し、イエイは法人として業務を開始するに至っています。株式会社Qはイエイ以外にも、外装塗装や土地活用、墓石・霊園の比較サービスを運営しています。

サービスの特徴

①イエローカード制度
イエイ側は、査定をしてくれる不動産会社をユーザーへ紹介するだけですが、当然不動産会社の対応が悪いということも起こりえます。それでイエイは、利用者からのクリームが多い不動産会社に対して、提携の解除ができるシステムにすることで、不動産会社の質を担保しています。トラブルがあった時に、管轄外と突き放されることなく報告できるのは嬉しいですね。

②お断り代システム
複数査定のいいところは査定額の比較ができる点ですが、一方で選ばなかったところは断らなくてはいけないという精神的ダメージがあります。通常なら、自分で断りの連絡をしなくてはいけないところですが、イエイでは、サポートデスクに連絡すると代わりに不動産会社に断りを入れてくれるというサービスがあり、それが利用しやすいと人気の理由になっています。

③無料の個別相談
イエイでは一括査定サービスの他に、売却相談をしたい人のために、無料の相談デスクが本社に用意されています。ただし平日の1日3組限定というプレミアムな感じなので、なかなか当たるのは難しいかもしれません。そんな方はメール相談を利用することもできるので、それなら時間を問わず相談することが出来ます。
イエイのサイトの使い方は簡単。イエイのサイトにアクセスし、トップ画面に4つの入力項目があるので、それぞれリストから入力します。入力をし終えたら、下の「次へ」ボタンを押します。その他の詳しい情報を入力し、アンケートに応え、個人情報を入力、その後査定をお願いしたい不動産会社を選択し依頼が完了です。